HOME > ブログ

ブログ

ビジネス英会話『確認フレーズ』

こんにちは。cubes ONE POINT ビジネス英会話 です。

ビジネスシーンで相手が何を言ったか確信していない時があると思います。
電話番号・日程・料金を聞き間違えたら大変なので、『確認』がとても大事ですね。

"Excuse me?"  
"Say again."
などのフレーズを使うと伝わりますが、あまり丁寧ではないので相手は良い気分にはならないと思います。

それではなんと言ったら良いのでしょう?

このようなフレーズも使えます!

"Could you repeat that please?"
もう一度言っていただけますか?

相手に何かをお願いする時には ”Could you . . . please?" を使うと丁寧な言い回しになりますので
、このような場面にはちょうど良いです。

このフレーズを使うとこんな感じです。

A : Hi! Can I talk to Mr. Smith please?
B : I'm sorry. Mr. Smith is not in the office. You can call his mobile on 090-1266-8996.
A : Could you repeat that please?
B : Sure. That's 
090-1266-8996.

このようなシーンに出会ったら是非使ってみてください。

音声ファイルを聞いて口に出して練習して見て下さい!

 


ビジネス英会話『挨拶』

こんにちは。cubes の Ken Collins です。

ビジネスシーンでは初対面で挨拶するのは第一印象に関わる事なのでとても重要な場面ですね!
『Hello. My name is Ken Collins. Nice to meet you!』 ぐらいは言えるけど、
それで良いのかな〜と思っている方は多いいのではないでしょうか?

では他のナチュラルな言い方を紹介します。



Hi ! I don't believe we've met before. I'm Ken Collins.
こんにちは!まだお会いした事ないと思います。Ken Collins です。


日本語ではあまりナチュラルなフレーズではないですが、英語では良くこういった挨拶が使われています。
このフレーズを使うと、こんな流れになります。



A : Hi ! I don't believe we've met before. I'm Ken Collins.
B : Nice to meet you. I'm Ross Williams. 
A : Pleased to meet you too.



『Nice to meet you.』 と言われましたら、返す時には『too』を付けるのを忘れないで下さい!
『Nice to meet you too.』&『Pleased to meet you too.』両方ともナチュラルなフレーズですので使って下さい。

音声ファイルを聞いて口に出して練習して見て下さい!


HPを公開しました。

今後とも【cubes】をよろしくお願い致します。

1

アーカイブ

このページのトップへ